栗田アート

カッティングシートの看板なら、看板製作販売の「栗田アート」にお任せください。送料無料で後払いシステム。 お店のウィンドウや車用など用途は様々です。車のボディにピタッと貼れるマグネットシートも低コストで気軽に作成ができるのでおすすめ。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

カッティングシートの構造は、シールに似ています。色鮮やかなシールを貼り付けて販促物を作っていく訳ですが、貼る際には若干のコツが必要です。例えば折り曲げです。状況によってはシートを折り曲げる必要がありますが、その際にあまり力を加えてしまいますと、仕上がりが悪くなる可能性があります。無理に力を加えると塗装面のムラなどが生じてしまい、見栄えが悪くなる実例もたまにあります。そうは言っても、状況によってはシートの折り曲げも必要ですが、その場合はドライヤーを使うのが無難です。ドライヤーの温風を当ててあげれば、もちろん温度も高まりますが、それでシートも簡単に曲がるようになります。無理に力を加える必要もありませんから、ドライヤーを使うのが無難です。ただ注意点もあって、ドライヤーをあまり近づけるのは望ましくありません。近距離でドライヤーを使ってしまいますと、シートの表面部分が悪化してしまう可能性があります。かえって見栄えが悪くなってしまうケースも多いので、若干離してドライヤーを使う必要があります。またカッティングシートを伸ばす時は、力加減も要注意です。確かにドライヤーを使ってあげれば引き伸ばす事はできますが、力加減によってはシートがよれてしまう事があります。シートの表面部分にシワが付いたような見栄えになってしまいますから、むやみに力を加えないのが望ましいです。ところでカッティングシートに対しては、たまに表面部分をこする事もあります。実際こすればシートの見栄えが改善されるケースもありますが、その際の力加減は注意が必要です。というのもむやみに力を加えると、シートの表面部分が潰れることがあります。見栄えが悪くなることがあるので、あまり力を加えないのが望ましいです。総じて、カッティングシートはとてもデリケートです。取り扱いには注意が必要ですし、シートの加工などは専門業者に依頼している方も少なくありません。
Tagged on: ,栗田アート