エコバッグ・ステンレスボトル | 名入れオリジナル販促品はグッドノベルティ

エコバッグ・ステンレスボトルの名入れは「グッドノベルティ」にお任せ下さい。ノベルティグッズ(販促品)、記念品、粗品などお使い頂くシーンに合わせて小ロットからの注文可能です。無料カタログもご用意しておりますのでお気軽にどうぞ。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

身近にレジ袋があったのに、今は地球温暖化の問題からも環境に優しいエコバッグに注目が集まっています。数々の著名人がデザインしたエコバッグも人気を集めており、購入した金額から寄付できる「社会にも環境にも貢献」という取り組みも評価されています。しかし、エコバッグを持ったからといって、本当の意味でエコロジーになっているのでしょうか。手に持てる商品に限っては「袋にお入れしますか」という質問をされるほど、今は、レジ袋の利用も少なくなりつつあります。環境に優しいエコバッグという印象がありますが、手元にあるエコバッグの素材はどのような素材でしょうか。プラスチック、紙、オーガニックコットンという素材がある中で、とある調査によれば、一番エコに繋がるのはプラスチックだと言われています。原材料だけ見るのではなく、使用頻度も重要ですし、エコバッグだって消耗品ですからゴミにすることも考慮した上で選ぶことがエコに繋がるはずです。プリント加工されていれば、それはエコに繋がるのでしょうか。紙や布製のエコバッグは約800回、オーガニックコットンのエコバッグは約2400回利用することでエコとして優秀な素材になるデータも報告されています。長期的に使えるのはプラスチック素材のエコバッグですが、環境に配慮されているだけであって、土に還るワケではないので本当の意味でのエコには認定できないのではないでしょうか。今、エコバッグの普及を促しています。ビニール袋は雨に濡れても、温かいもの、冷たいものを入れても丈夫です。しかしそれだけに、ウミガメがビニール袋を誤飲するニュースも取り上げられています。ですから、エコバッグを普及させるために、影響力のある人の手も借りています。それが先にあげた歌手やタレントなどです。今は、ファッション、ジュエリーブランドなどからもエコバッグが販売されています。デザインもシンプルに、機能性だけにこだわるハイブランドのエコバッグは、老若男女問わず、持ちやすさがウリです。今持っているエコバッグ、デザインに飽きることもあるでしょうが、消耗するまで利用しましょう。それこそがエコの真髄です。
Tagged on: ,エコバッグ・ステンレスボトル | 名入れオリジナル販促品はグッドノベルティ