BUNGUMURA

名入れのボールペンなら「Bungumura(ぶんぐむら)」。最小ロット10本からご注文が可能。人気の国産メーカーから売れ筋ノーブランドまで、豊富なラインナップでご用意しておりますので予算や用途に合わせてお選び頂けます。まずはお気軽にどうぞ。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

企業の広告活動において、ノベルティーや販促品の大切さは年々増し続けています。多くの人に手軽に会社の名前を知ってもらえて、尚且つマーケティングによりターゲットが欲しい物を配布すれば好感度アップも見込めるという側面もあります。ただ、何でも作れば良いという訳でなく、広告効果を最大限に活かせるノベルティーや販促品を作って配布しなければ意味がありません。まず、ノベルティーの場合には、企業同士の交流の際等に使われる事が多いため、相手の業種の業務中に利用するであろうものを作って使ってもらうという事が大事になります。ボールペンやクリアファイル等の無難なものを中心に、自身の企業が特にターゲットにしている業種で何を必要としているかというリサーチも大事になってきます。また、BtoBに対応したノベルティー製作業者を見極める必要もあります。その業者のホームページ等でこれまでの実績や経験の確認はもちろん、どういった業界のノベルティー製作に多く携わってきたかという事も確認しましょう。販促品を作成する時には、一般消費者に配布する事も多いため、ノベルティー製作の際よりも、より詳細なリサーチが必要になります。出来る事ならば、販促品製作業者にも市場のリサーチ能力がある所を選ぶという事もポイントです。そして両者に共通する確認事項が、どの程度のロットに対応してくれるかどうかという点です。大量生産が出来る設備や能力はもちろん、その逆の小ロットに対応してくれるかという事も大切な比較ポイントといえます。今までのような一度に大量生産を行い配布するだけでは、近年効果が見込めない傾向にあります。ターゲットごとに配布する物自体を変更したり、同じ物でも形状や色違いの物を渡せるようにして販促活動出来るように、対応力のある業者を選ぶ事も必要になります。さらに確認すべき点は、納期のスピードに関してや、不明な点をいつでも聞く事が出来るサポート体制の充実という点もあります。
Tagged on: ,BUNGUMURA