もぐりん


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

酵素風呂は普通のお湯が入っている風呂の中に酵素が入っているという意味ではありません。酵素風呂にはお湯はなくて、ヒノキの木から作られたおがくずや米ぬかを混ぜた中に入って、まるで砂風呂のように温まるやり方になります。具体的には酵素の力でおがくずを60から70度程度に自然に発酵させて温めて、人間は酵素の力で温められたおかくずの中に入ることになります。この温められた酵素風呂の中に入りますと、身体が徐々に温められてだんだんと汗をかくようになります。この発汗で体内の老廃物を吐き出して老化を少しでも遅らせようというのが酵素風呂の狙いとなります。酵素風呂はお湯を使わないので、長時間の入浴により肌がふやけたり、水圧で体内が圧迫されたり、皮膚呼吸が困難で苦しくなっていくということがないのがメリットの1つになります。メリットはそれだけではなく、酵素の力で新陳代謝が活発になったり、血行がよくなったりします。さらぬ米ぬかの中に入っているので、米ぬかによって肌が潤いやすくなり美肌効果や美白効果を出しやすくなります。しかしながら酵素風呂を利用するときには複数の注意点があります。まずはおがくずが60から70度に熱せられているので、ずっとその中に入っていると熱すぎると感じることがあるかもしれません。そんなときには腕とか足などを部分的に身体を外に出すなどして身体の温度を抑制する必要があります。また入浴が完全に終わったとしても、外に出るときは急に飛び出すとめまいなどに襲われたり転倒の可能性も場合もあり得ます。なので外に出るときにはゆっくりと出て体調を確認が大事です。なお酵素風呂から出た場合には、米ぬかやおかくずが身体全体に付着してきたなくなっているので、身体をきれいにするためにシャワー室へ行くなどして洗わないとなりません。さらに入浴すると大量の汗で水分が失われるので、入浴後はもちろん、状況によっては入浴中でも水分補給が必要なのは言うまでもありません。
Tagged on: ,もぐりん