医療用ウィッグ・かつらの通販はライツフォル

ライツフォルの医療用ウィッグはご自宅でゆっくりお試しいただける往復送料と試着料不要の「無料試着サービス」にも対応しております。当社の医療用ウィッグは特許を取得した独自開発の植毛針を用いて長い時間をかけて丁寧に作り上げております。


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

ウィッグは今やファッションの一部で、エクステンションといって一部だけの付け毛もありますし、医療用のものや白髪隠しなど用途も様々です。しかし、いかにもウィッグをつけていますという感じだと気になってしまいます。特に構造上、裾にどうしてもボリュームが出てしまい、重たい印象になりがちです。そこで、自分でカットすることで好みのボリュームにしてみましょう。このウィッグをカットする手法は、アニメキャラクターの格好になりきるコスプレイヤーなども多用しています。しかし、人間の髪と違って一度切ったら元には戻りません。なので慎重に少しずつカットするのが大切です。まず、ウィッグを専用の台に乗せて固定しましょう。この台は最近は100円ショップで発泡スチロールのものも売っています。それから、ブロッキングといって、髪を部位ごとに分けなければなりません。そうしないで一度に切ろうとすると、不自然な仕上がりになってしまいます。まず耳の前と後ろで髪を分け、挟んで止めましょう。そのあと上から少しずつブロッキングします。美容室でやってもらったときのことを思いだすとわかりやすいかもしれません。カットは襟足から行いましょう。ハサミは縦に入れ、決して横には切りません。好みのボリュームになるまでハサミを縦に入れたら上のブロッキングを解いて、同じようにハサミを縦に入れます。基本的には、丸くまとまる髪型にしたいときには内側を心持ち短めに、外側に行くほど長めにカットします。逆に、ワイルドに毛先を遊ばせたいなら外側に行くほど短めにカットしていくといいでしょう。前髪は顔の印象を左右する重要な部分なので、ことさら丁寧に行います。ある程度切ったら自分の頭に装着した状態で仕上げましょう。このとき真正面からだけ見るのではなく、三面鏡などで左右の髪へのつながりをチェックしながら切ると自然に仕上がります。一度切ってしまえば、いつも同じ髪型を楽しめる優れもののウィッグになります。
Tagged on: ,医療用ウィッグ・かつらの通販はライツフォル