こまつ鍼灸院

頚椎症、頚椎ヘルニア治療について知っていただきたい事のご紹介です。頚椎症性神経根症を始め、すべての頚椎症の方にお仕事・各種スポーツでしてはいけないことなど、わりやすく説明しています。治療のことなどで、ご不明な点がございましたら、お気軽にお電話ください


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

頚椎症は首の骨(頚椎)の変形や損傷によって引き起こされる疾患で、多くの場合首の痛みや頭痛、肩こりなどの症状を引き起こします。治療には薬物療法、物理療法、手術などがありますが、家庭でもできることがあります。その一つが姿勢を改善することです。長時間の座り仕事やスマートフォンの使用などで首を前に突き出した姿勢が続くと、頚椎症の症状を悪化させることがあります。家庭でできることとして正しい姿勢を保つことが挙げられます。椅子に座る際には背中をまっすぐに保ち背もたれに体重をかけるようにします。スマートフォンを使う際には目線を下げるようにして、首を前に突き出すことがないように注意しましょう。ストレッチをすることも重要で、首周りの筋肉を強化することで頚椎症の症状を和らげることができます。家庭でできるストレッチとしては、肩を回すことが一つです。肩を前後に回すことで首周りの筋肉をほぐします。首を左右に傾けて耳を左右の肩に寄せることで、首周りの筋肉を伸ばします。首を前後に倒し、顎を胸に近づけたり天井を見上げたりすることで、首周りの筋肉をストレッチします。温湿布を使うのも有効といえるでしょう。首の痛みやこりを和らげるために温湿布を使うことができます。温湿布を使うと血行が促進され、筋肉がほぐれます。温湿布を使う際には適切な温度と時間に気をつけ、火傷や皮膚の炎症を防止しましょう。頚椎症の症状を悪化させないために適度な運動をすることが重要です。運動によって筋肉が強化され姿勢も改善されます。家庭でできる運動として、ウォーキングやストレッチ、ヨガがあげられます。歩くことで全身の筋肉を使うことができます。特に背中をまっすぐにして歩くように注意しましょう。ヨガのポーズを行うことで全身の筋肉を強化すると同時に、ストレスも軽減されます。健康的な食生活を送ることも、頚椎症の治療に役立ちます。野菜や果物、魚などをバランスよく食べ、過剰な塩分や糖分を避けることが大切です。またカルシウムやビタミンDなどの栄養素を摂取することで、骨の健康を保つことができます。
Tagged on: ,こまつ鍼灸院