桃とひよこ保育園


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

子供を通わせるのであれば、保育園が良いか幼稚園がいいのか、それとも認定こども園がベストなのか、親としては悩ましいところです。いずれにも良い面と、そうでもない面がありますが、ライフスタイルや教育方針など、様々なことを考慮して決めていくようにします。幼保一体型施設となるのは認定こども園であり、対象となる年齢は0歳から小学校に入る前くらいまでです。教育施設となるのが、3歳から小学校入学までの子供を対象にした幼稚園であり、春休みや夏休みもあります。たくさんの子供たちが通う最も身近に感じるのは、大人にとっても保育園です。厚生労働省管轄の福祉施設であり、働くパパやママの代わり子供の保育をします。入園のできる対象の年齢は、下は0歳から上は小学校入学までの子供たちです。長い夏休みなどは特になく、カレンダー通りの運営になります。教育熱心な親御さんの場合は、幼稚園へ入れて幼いうちから学習を身近なものにしたいと考えますし、幼稚園はそうしたニーズにも応えられる施設です。まだ幼い子供に対しての教育面はとても充実をしていますし、これからの時代必須となる英語にもしっかりと力を入れています。学校に上がってからも困らぬよう、英語の基礎を小さなうちからマスターできるのは利点です。同時に英語だけではなく、多くの幼稚園では体育教育にも力を入れています。食事の際の基礎的な礼儀作法も付くので良い半面で、年間行事の多さに親は慌ただしくなるのも避けられません。運動会をはじめ夏祭りにバザーなどもありますし、保護者会なども平日です。多くの大人も通った経験を持つ保育園の場合、0歳であろうと預かってくれるため、保護者としてはかなり助かります。長い休みとなる夏休みも無いので、長期休みで家に子供がいることでの負担がありません。また夏休みなしであることから、お盆の期間であっても保育園なら預けることができます。認定こども園や幼稚園にも良い魅力が多くありますが、保育園の魅力もとても大きいです。
Tagged on: ,桃とひよこ保育園